チャットレディで稼ぐコツ

初級編 

初級編では、基礎的な部分にも触れていますが、これを実践するのとしないのではかなり収入の面でも変わってきます。すでに実践しているという方も、初心を忘れないためにも定期的にご覧になるといいでしょう。

誰にでも簡単にできる内容となっているので是非参考にしてみてください。
まずは「Lv.1」をご覧ください。


楽しくチャットしよう!-Lv.1

チャットレディをする上でお互いが楽しくチャットできるのは理想ですよね。楽しくお話するだけでお金がもらえるって魅力的だと思います。

楽しくチャットするためにはまず、ルールを守ってお仕事するのが大前提となってきます。待機中のマナーが悪かったり、チャット中に不愛想だったりしたら男性会員に不快感を与える結果となります。

逆に男性会員がノンアダルトサイトにも関わらず「脱いでほしい」などと言ってきたらこちらも不快に思うことだってあります。

お互いルールをまもることが楽しいチャットにつながってくるのです。

自分はルールを守っていても…

冒頭で、楽しくチャットするためにはお互いルールを守ることが大前提と述べましたが、チャットレディとなるみなさんはルールを守っていても、男性会員がルールを守らないと楽しいチャットにはなりませんよね。

男性会員のほとんどが紳士的で優しく接してくれる会員ですが、中にはルールを守れない人もいます。そんな会員への対処法をここでみなさんにお教えしておきます。

安心機能

チャット画面には「強制退室」「キック機能」といったチャットを強制的に終了させる機能が備わっています。

悪質会員と判断した場合は迷わず強制的にチャットを終了させましょう。その後、二度とチャットの申し込みがされないように「ブラックリスト」や「悪質会員リスト」へ登録しましょう。

こうすることで、その会員(ID)から申し込みがくることはなくなります。
そして最後に、登録サイトのサポートセンターに連絡してください。
電話でもメールでも構いません。内容を確認次第そういった会員はID停止処分となり、サイトの利用ができなくなります。

このように、サイト側ではチャットレディへのサポートと、ノンアダルトの徹底に力を注いでいます。相談にも快くのってくれますので、何か困ったときなどは問い合わせてみてはいかかでしょうか。

脱がない事が、稼ぐこと

実はこの「脱がない」ということは稼ぐためにとっても重要になってきます。ノンアダルトサイトでお仕事をする方は、これだけは念頭においてお仕事してくださいね。

この意味については「上級編」のLv.14で解説していますのでそちらをご覧ください。
(関連:ピンチはチャンス-Lv.14

おさらい

Lv.1では基礎的な「ルールを守る」ということを中心にお話しました。
実は、ノンアダルトサイトにも関わらず、稼ぎたいという気持ちからアダルト行為に走るチャットレディも結構いらっしゃいます。アダルト行為が大丈夫の方はアダルトサイトでお仕事しましょう。

ノンアダルトサイトでは決して脱がないようにしましょうね。

↑ ページの上部へ

次の約束をして終わる-Lv.2

できることなら、チャットを終える前に次の約束をして終了したいですよね。
そうすれば、指名の男性会員もすぐに増えていきます。

ここでは、チャット終了の前に次の約束をするためのポイントや例をあげて解説していきます。中々指名につながらないとお悩みの方は是非参考にしてください。

終了間際が肝心

チャットが終わりに差し掛かったら「今日はほんとに楽しかった」や「また話したい」などのワードを用い、次のチャットにつながるような終わり方、約束をしましょう。

できるだけ自然に以上のようなワードを会話に織り交ぜてご自分の言葉にして伝えましょう。そうすることで男性会員は「この子は自分に好印象だ」と思います。

男性会員の中で勝手に期待が膨らむのです。

スケジュールの管理

これは初級編のLv.4で詳しく解説しますが、次の約束をして終わるためには、ご自分のスケジュールが明確になっていないといけません。

「○日の夜10時頃にまたお時間作るので、よかったらお話しませんか?」
というように、スケジュールがある程度明確でないと約束は成立しませんよね。

おおまかな予定はわかるようにしておきましょう。

他にもこんな方法も

直接的な約束ではないですが、男性会員のログインする曜日や時間帯を尋ねるのも有効的です。

「○○さんはいつも何時ごろにログインするのですか?」

「いつも24時回っちゃうなぁ」

「そうなんですね!じゃあその時間帯に待機するように心がけますねー」

という何気ない会話ですが、かなり有効的です。

男性会員としては「俺のためにその時間帯に待機してくれるのか」と思います。単純にうれしいと思ってくれるはずです。

直接約束ができない方は遠回しにアピールしてみましょう。

指名がほぼ確定な場合

みなさんから次回の約束をしなくとも、時には男性会員から約束を持ち掛けてくることもあります。

「次はいつごろログインするの?」と聞かれた場合は、指名はほぼ確定です。次回はいつ待機できるのかスケジュールを把握しておきましょうね。

列記としたマーケティング方法

美容院などで「お帰りの際に次回のご予約をして頂ければ、次回の施術料金がもっと安くなりますよ。」と言われた経験はありませんか?

チャットレディでいうところの「次の約束をして終わる」は、美容院などのマーケティング方法と同じなのです。

チャットレディの場合は割引などはないですが、「次回はもっと○○さんと楽しく会話できるように明るく頑張ります!」が、それに値します。

おさらい

Lv.2では、より多くの指名を作るためのマーケティング方法をご紹介しましたが、重要なのは男性会員の気持ちを理解することにあります。男性会員が喜ぶことを自然に、さりげなく言葉にしましょう。

分かりやすくいうのであれば「褒め上手」になりましょうね。

↑ ページの上部へ

お礼のメールを送る-Lv.3

はじめに、メールといっても普段みなさんが友達などに使用しているメールではありませんのでご安心ください。 各サイトにログインするとサイトを経由して男性会員からメールがきたり、送ったりできる機能が備わっているのです。

チャットが終了したら、今度はお礼のメールを男性会員に送りましょう。可能であれば、チャット終了後すぐに送るよう心がけましょう。

実はこのメール1通には大きな意味と役割があるのです。

感謝の気持ち

男性会員は決して安くない利用料金を支払ってみなさんとチャットしています。それとは逆に、チャットレディのみなさんは決して安くない報酬を頂いているのです。

もちろんチャットレディが手にする報酬は、男性会員が支払った利用料金から発生しています。感謝の気持ちを忘れてはいけません。

チャットが終わったら、感謝の気持ちを言葉にし、再度メールで伝えましょう。

こうすることで男性会員は、ちゃんとお礼ができる子なんだと思ってくれるだけではなく、あなたにとって好印象となり、次回のチャットにもつながりやすくなります。

さらに、このメールはお返事があると+αの報酬にもなるのです。

+α報酬

サイトによって内容は異なりますが、メールを1通受信しただけで10円前後があなたの報酬に上乗せされます。感謝のメールに返事があれば、チャットで得た報酬にプラスしてメールを受信したという+α報酬を得ることができるのです。

1日に10人の男性会員とチャットしたとして、感謝のメールを10通送り、10通とも返事があったとします。

これだけで10人×10通=100円となります。

メールが継続することもあるので、この+α報酬は後々大きくなることもあり得ます。
感謝のメールは欠かさずに送るよう心がけましょう。

チップ…?

+α報酬はもう1つあります。
「チップ」又は「お小遣い」といって、男性会員の所有しているポイントのいくつかを、チャットレディの報酬ポイントに加算するというものです。
男性会員はお気に入りの女の子や、チャットして気分が盛り上がっているときによくこの機能を使用します。

金額にすると100円から10000円以上まであります。(サイトによって若干異なります) ポイントを多く所有している男性会員であっても、むやみにお小遣いはくれません。

男性会員にとって、特別な存在になることが大切です。
やはりそのためには、感謝のメールから始まり、チャット中のあなたの態度や対応も重要になってくるのだと思います。

おさらい

Lv.3では、感謝の気持ちを忘れないことと、+α報酬についてご紹介しました。

お仕事には必ず「慣れ」というものが生じてしまい「初心」を忘れる傾向にあります。どんな職種のお仕事でも、初心を忘れないようにしなけらばなりません。

チャットレディのみなさんは、決して安くない報酬を得ています。さらに大きな報酬を得るためにも、以上のことは忘れないようにしておいてくださいね。

↑ ページの上部へ

スケジュール管理-Lv.4

このスケジュール管理は、指名を増やすためにはとっても重要となってきますので、ほんとに稼ぎたいチャットレディの方は徹底するようにしましょう。
では、一体なにがそんなに重要なのでしょうか。

次の約束をしてチャットを終える

次の約束をするということは、指名客を獲得するということです。
また、次の約束をするためには、ご自分のスケジュールが明確でないといけません。

はじめのうちは、「○日の○時ごろ待機しますので、よかったらまたお話しましょうね!」程度でよかったのですが、指名が増えていくとそうではなくなります。
何人もの男性会員から「次はいつログイン予定?」と聞かれたら、どうしますか?

当然スケジュールがブッキングしないように調整しなくてはなりません。
よりスケジュールが明確でないとチャンスを逃す結果にもなってしまいますので、報酬も安定してきたらチャットレディ専用のスケジュール張を用意するといいでしょう。

理想の稼ぎ方とは?

チャットレディのお仕事で月収100万円以上稼いでいる方のほとんどは、指名客を何周もして稼いでいます。

さらに1度のチャットで複数の会員とチャットをするパーティーチャットで男性を集め、一気に10万円以上もの報酬を獲得しています。 指名してくれる男性会員を大切にしつつ、新規でチャットの申し込みがあればそれを指名につなげることが重要なんです。

定期的な待機

例え指名してくれる男性会員が現れたとしても、次回の待機が1ヶ月後だとすると、その男性は恐らくもっと頻繁にチャットできる女性を探すでしょう。

チャットレディのみなさんも、年に1回会える彼氏より、月に1回会える彼氏。
月に1回会える彼氏より、週に1回くらい会える彼氏のほうがいいのではないでしょうか?

やはり、週に1回くらいは待機する必要があると思います。
安定した定期的な待機を心がけるだけでも、指名または新規の申し込みは多くなります。

おさらい

Lv.4で、スケジュール管理は稼いでいくためにとっても重要なことだと分かっていただけたと思います。次の約束をしたとしても、ドタキャンや連絡なしの放置は厳禁です。
どうしても予定が調整つかないのであれば、前もってメールをしておきましょう。

チャットレディは立派な接客業ということを忘れずに覚えておきましょう。

↑ ページの上部へ

カルテを作る-Lv.5

カルテといってもピンとこない方もいらっしゃると思いますが、美容院ではじめに記入するあの用紙です。

その用紙の裏面には、担当美容師が使用した薬の種類やカットの展開図、その日に話した話題やお客様の悩みなどを記入し、次回ご来店の際に取り出し参考にするものです。 これと同じものを作成するのです。

カルテといっても「メモ」の感覚で大丈夫です。

どんな内容をメモするのか

名前、年齢、趣味、特技、血液型、休日の過ごし方、盛り上がった話の内容など

必ず聞く必要はないですが、自然な流れで聞けるといいですね。
それに、話のネタに困ったとき、趣味や特技、休日の過ごし方など質問してみてもいいかも知れません。話した内容は出来るだけ細かく書いておくと、後々かなり活用できます。

なんでメモを取る必要があるの?

男性会員は、同じ質問を2度されると「前にも聞かれたな」と必ずといっていいほど思います。 それと同時にこんなことも思うでしょう。

・他の人とも色んな話してるから忘れちゃったのか
・自分が話したことに興味なんてなかったんだな
・あの時は反応が良かったから覚えてくれていると思った
・所詮何人もいる会員のうちの一人だもんな

態度や言葉には出さなくても、心の底ではこのようなことを思っています。2度同じ事を聞かないように心がけましょう。
それを続けることによって男性会員はこう思ってくれます。

・いつも話した内容を覚えてくれている
・反応もいいし、自分の話をしっかり聞いてくれている
・自分にだけ興味をもっているのではないか

ここまで思ってもらえると、その男性会員との関係はとても長く続きますよ。
次回のチャットはじめに、確かこの前は○○の話しましたけど、あれ、どうなりました?など話題にしてみても効果的です。

おさらい

Lv.5では、メモの取り方について学んでいただきました。
初級編もこれで終了です。

Lv.1〜5は、稼ぐための基礎的な内容となっています。
しかし多くのチャットレディは大切なことを多く怠ってしまっています。当たり前のことを当たり前にできるチャットレディこそ、稼げるチャットレディといえるのではないでしょうか。

↑ ページの上部へ

初級編 

稼ぐための基礎的なテクニックを大公開!誰でも簡単にできるので今すぐチェック!実践するのとしないのでは収入が大違いです。経験者の方も初心を忘れないようにしましょうね!

中級編 

初級編よりもさらに稼ぐために重要なことをまとめてご紹介しています!できるだけ長くチャットするための裏ワザや男性会員を集客する方法を中心に公開しています。

上級編 

男性会員があなたに夢中になってしまう…そんな方法を大公開!Webカメラの映り方でチャット率が大幅アップ!月収100万円まであと少し!あとはとことんやるだけです♪

番外編 

様々なキャンペーンを利用して短期間で10万円以上稼ぐ方法を大公開!お小遣いポイントサイトでさらに稼ぐ方法も公開していますので、今すぐ実践してみてください!


カテゴリー別にサイトを見てみる

↑ ページの上部へ